元留学生に聞いたシェアハウスのあるあるネタ

シェアハウス

見ず知らずの6人の男女がシェアハウス生活をするリアリティー番組「テラスハウス」が日本で人気です。そこで、今回はアメリカのシェアハウス生活でのあるあるネタを紹介します!シェアハウス経験のある元留学生を取材しました。

*ホームステイが嫌になってシェアハウスに切り替える人が多いです。私も留学して二ヶ月後にシェアハウスにしました(マリカ・客室乗務員)

*運が良ければ美女と一緒に生活できます!ちなみに僕はロシア人の美人2名と一緒に生活しました。ベランダでビールを飲みながら、いろんな話をしていたのが良い思い出でした(ケンイチロウ・IT会社勤務)

*アメリカ人の学生とシェアハウスに住んでいました。すぐ知り合いになったので、それから英会話が上達しました。キッチンで一緒に料理しながら、またはリビングルームでテレビを見ながら英語で雑談していました。正直、学校で学ぶより全然良かったです(ユカリ・メーカー勤務)

*シャワーが共同なので、シャワー待ちしている時に女性がシャワー室から出てきたらドキッとしていました(ユウイチ・電機メーカー勤務)

*シェアハウス仲間が車を持っていたので、いろんなところに連れて行ってもらいました。ホームステイに住んでから、いろんなアメリカの文化を感じることができました(マスミ・秘書)

*家賃が安いシェアハウスは大体訳あり。自分の部屋は床が傾いていました。ちなみに知り合いの部屋は隣のシャワー室から水が流れてきて床が水浸しになることが結構あったみたいです(ツトム・IT会社勤務)

*シェアハウスに住んでいるアメリカ人とパーティーを共同開催し、私は語学学校に通っている知り合い、アメリカ人のルームメートは大学の友達を呼んでいました。学校では真面目だがパーティになると軽くなる日本人女性が多く、アメリカ人の部屋に何人も泊まっていました。その中に自分のクラスメートで彼氏がいる日本人女性も泊まっていたので、その光景を見た時は軽いショックでした(カズヤ・商社勤務)

*シェアハウスでパーティーは楽しいが、翌日の片付けが大変でした(ヒロミ・通信会社勤務)

ということでシェアハウス生活のあるあるネタを紹介しました!

実践的な英会話を学びたい方にはiPhoneとiPod対応のアプリ「ネイティブ1000人と作った英会話〜日常英会話編〜」がオススメです