アメリカ人の友達が日本を旅行して驚いたこと4選

観光

先月アメリカ人の友達であるマリアが彼氏と日本に遊びに来ました。そこでマリアが日本で驚いたことを紹介!

1. ウォシュレット

ウォシュレット

アメリカではウォシュレットのある家がほとんどありません。マリアは初めて使ったので感動していました。お尻を洗浄するタイミングがわからず、最初はトイレットペーパーでお尻を拭いてから洗浄していたみたいです。

 

2. プリクラ

プリクラ

プリクラも珍しかったみたいで何度も撮って楽しんでいました。目が大きくなる機能はいらないと言うので、店員さんに聞いたのですが目が大きくなる機械しか置いていませんでした。目が大きくなる機能がなければ100点満点と言っていました。元の顔と比べると、目が大きいし唇の色が若干変なのでマリアの彼氏がゲイっぽく見えます笑

 

3. 立ち食いステーキ

いきなりステーキ

立ち食いステーキを見たときに、蕎麦やうどんだけじゃなくステーキの立ち食いもあるのかと爆笑していました。店内で写真を撮ると、すぐFacebookにアップ。コスパがいいと満足していました。一人で来ているお客さんがたくさんいたのを見て、マリアは「日本に住んでいたら、私も一人で来るかな」と話していました。

 

4. ラブホテル

ラブホテル

ラブホテルも珍しかったみたいです。どこかのサイトでラブホテルがあることを知って、日本に来る前から値段や部屋を入念に調べていたみたいです。その結果、鶯谷にあるラブホテルが気に入ったようです。残念ながら日本語対応をしていなかったので、マリアの代わりに私が電話でいろいろ問い合わせしました。後日、マリアと彼氏にラブホテルはどうだったか聞いたら、カラオケと風呂が最高だったと言っていました。おそらく、夜の営みも最高だったと思います。

ちなみにドン・キホーテも気に入っていました。マリアのお気に入りの商品はこちら!

ドンキーホーテの商品1 ドンキーホーテの商品2

とにかく楽しかったみたいで、また日本に遊びに来たいと言っていました。

実践的な英会話を学びたい方にはiPhoneとiPod対応のアプリ「ネイティブ1000人と作った英会話〜日常英会話編〜」がオススメです。