これで英語が上達!海外ドラマや映画でよく使われるlikeをマスター

海外ドラマで使われるlike

likeは「〜が好き」と習ったと思います。しかし、アメリカの海外ドラマや映画を観ると、それ以外の使い方もたくさんされています。そこで、今日はlikeの意外な使い方を紹介します。

1. like 数字「約〜/〜くらい」
It’s like $60.
「60ドルくらいです」
aboutと同じ働きをします。

2. like ~「例えば〜」
Like pictures.
「例えば写真です」
for example.で具体例を挙げる時に使われます。

3. like ~「〜みたい」
It’s like salmon.
「サーモンみたいです」
ある名詞を説明する時によく使われます。

4. like「えーっと」
言葉がすぐ出てこない時に使われます。主に若い人が使います。

5. be動詞+like「言う」
He was like no way.
「彼は嫌だと言いました」
be動詞+likeで「言う」という意味もあります。

このようにlikeには、いろんな使い方がされています。

アスキーメディア・ワークスより出版されている「見る英会話留学」では200人のアメリカ人の生の英語がDVDとCDで聞けます。いろんなlikeも出てくるのでオススメです!