簡単な英語doには、こんな使い方があった!

簡単な英語do

doは「〜する」という動詞、またはDo you ~?の疑問詞の2つしか習っていない人が多いと思います。でも、実は他の使い方もあります。

1.強調する時のdo
あなたが I like mystery novels.「推理小説が好きなんです」と言って、相手がDo you really like it?「本当に好きですか?」と疑ってきたとしましょう。その時にI do like it.「本当に好きなんですよ」と言えます。この時のdoは「本当に」という意味になり強調する働きをします。

2.相手の勘違いを訂正する時に使うdo
You don’t snowboard, right?「あなたはスノボーしないんですよね?」と言われて、それが事実と異なっている時に、I do snowboard.「スノボードしますよ」と言うことができます。このdoは相手の間違いを訂正する働きがあります

doは、このような働きもあります。知っておくと便利なので、是非使い方をマスターしましょう。

実践的な英会話を学びたい方にはiPhoneとiPod対応のアプリ「ネイティブ1000人と作った英会話〜日常英会話編〜」がオススメです。