学校で習ったけど、実はあまり使わない英語3選

日常英会話の基礎

学校で学んだのに、会話であまり使われない表現があります。そこでアメリカ人に取材して実際に使われていない表現を紹介します。

1. 関係代名詞のwhom
whomを使ったことがないアメリカ人が多いです。whomではなくwhoが使われています。
This is a guy who I met at a party yesterday.
「昨日パーティーで会った男性です」

2. How do you do?「はじめまして」
これも一度も言ったことがないアメリカ人が多いです。Nice to meet you.を使う人が多いです。

3. I’m fine. Thank you. And you?
教科書で繰り返しI’m fine. Thank you. And you?と習った人も多いと思いますが、この言い方をする人も少ないです。Fine. Thanks. How are you?という人はたまにいます。I’m good. How about you?のような言い方をする人が多いです。

どれも間違いではないので伝わりますが、自然な英語を話したい場合は別の表現を使う事をおすすめします。

実践的な英会話を学びたい方にはiPhoneとiPod対応のアプリ「ネイティブ1000人と作った英会話〜日常英会話編〜」がオススメです。