英語のandはアンドと発音しない

初心者が覚えるべき英語の発音

アメリカ人が話す英語は早くて聞こえないという人が多いです。確かに、早口な人もいますが、実はそれだけではありません。早く言っているのではなく、そもそも言っていない場合も多いです。

例えば、andは学校で「アンド」と習ったと思います。(*発音はカタカナ発音で伝わらない場合が多いですが、ここではわかりやすくカタカナで表記しています)。しかし、実際の会話ではandは「ァン」や「ン」のように発音されることが多いです。強調したい時に「アンド」と発音します。「アンド」のように強調したい時に使う発音は強形、アメリカ人が普段使う「ァン」や「ン」のような発音は弱形と言います。

and以外に例を挙げるとtoは強形「トゥー」で習った人が多いと思いますが、アメリカ人は弱形「タ」の発音をする人が多いです。同様にyourは強形「ユア」よりも弱形「ヤ」の発音をする人が多いです。

私たちは強形の発音しか習っていない人が多いので聞き取れない人が多いと思います。逆に言えば、弱形の発音をマスターすれば驚くほど英語が聞き取れるようになります。

もっと実践的な発音を学びたい方には「英語の発音&リスニングは陽気にマスター!<入門編>と<応用編>がおすすめです