意外と知らないアメリカ文化 大学の学部は掛け持ちできる!?

アメリカの大学の特徴

日本では、大学受験の際に自分で入りたい学部を決めて、入学試験に合格したら入学できますよね。そのため、入学後は他の学部の授業は履修できますが、学部を掛け持ちすることはできません。

しかし、アメリカは少し違うんです。

学部・専攻を選ばなくても、入学することができるのです。

最初の2年間は一般教養を履修します。その間に、今後何を専門的に学びたいのか決めることができるのです。もちろん、いろいろなことに興味があり、一つに絞れないこともありますよね。そんな人のために、学部を掛け持ちすることができるのです。例えば、在学中に「法律学」と「経済学」を両方とも専攻するというような具合です。これをダブルメジャーと呼びます。メジャーリーグのメジャーで、つまりはメインの専攻がダブル(2つ)あるということです。

もちろん、ダブルメジャーの人はスケジュールがハードです。他の生徒の倍、勉強しないといけないので5年間通ったり、夏休みに授業を受けないといけません。

このように、アメリカには学部の二刀流をする人もいるのです。

実践的な英会話を学びたい方にはiPhoneとiPod対応のアプリ「ネイティブ1000人と作った英会話〜日常英会話編〜」がオススメです。