一緒に夕食を食べる時に使える英語フレーズ11選

食事をする時に使う英語フレーズ

クライアントや会社の人とディナーに行く時に簡単な英語が話せるだけでも楽しいです。そこでアメリカ人に使える英会話フレーズを取材しました。

1.Would you like to have dinner this evening?
「今夜、夕食を食べに行きませんか?」
食事に誘う時に使います。this eveningの代わりにtonightでもいいです。

2. Are there any foods you don’t like?
「何か嫌いな食べ物はありますか?」
嫌いな食べ物がないか聞く時に使います。

3. I’m actually allergic to shellfish.
「実は、甲殻類のアレルギーなんですよ」
食べ物のアレルギーがあることを伝える時に使えるフレーズです。allergic to ~は「〜のアレルギー」という意味です。flour(小麦粉)など、活用してみてください。

4. Are there any Japanese foods you want to try?
「食べてみたい日本食はありますか?」
食べたい日本食を聞く時に使います。

5. Well then, I’ll go ahead and make the reservation.
「それでは、お店を予約しておきますね」
自分がお店の予約をすることを伝える時に使います。well thenは「それでは」という意味です。I’ll go ahead and ~は「〜しておきますね」、make the reservationは「予約する」という意味です。

6. This place has really good fish.
「ここは魚がすごく美味しいんですよ」
魚がおしいしいお店だと伝えたい時に使います。goodは「いい/おいしい」という意味です。

7. What are you in the mood for?
「何が食べたいですか?」
相手に何が食べたいか聞く時に使います。in the mood for ~は「〜が食べたい気分」という意味です。

8. How does it taste?
「味はどうですか?」
味の感想を聞く時に使います。How is it?も使えます。

9. Would you like something to drink?
「何を飲みますか?」
直訳すると「何か飲みますか?」という意味になりますが、「何を飲みますか?」という意味で使われます。Would you like~は丁寧な表現です。

10. Well, we should probably get going soon.
「では、そろそろ行きますか」
そろそろ帰る時に使います。get goingは「出発する」という意味です。

11. It’s on me tonight.
「今夜は私にご馳走させてください」
相手の分も支払うと伝える時に使います。そのまま覚えましょう。

もっと実践的な英会話を学びたい方にはiPhoneとiPod対応のアプリ「ネイティブ1000人と作った英会話〜日常英会話編〜」がオススメです。

クライアントや会社の同僚と英語を話しながら、楽しいディナーをしましょう!