アメリカのバラエティー番組や映画で使われるshitを紹介!

英語スラング

今日はアメリカのバラエティー番組や映画でよく聞くshitを紹介します。shitは下品な言葉なので、仲の良い人以外には使わないようにしてください

shit!
「クソ!」
Fuck!と同様の意味で、嬉しい時、怒った時、驚いた時、ストレスが溜まった時、ショックを受けた時、怪我をした時などに使われます

No shit?
「マジで?」
思いもしなかったことが起きて、驚いた時に使います

Holy shit!
「マジかよ!」
すごく驚いた時に使います

I was shitting my pants!
「ビビったわ!」
本当にビビった時や驚いた時に使います

We’re shit out of luck!
「(俺たち)運が悪りーな」
運がない時に使います

I love that shit!
「それめちゃいい!」
とても気に入った時に使います

I don’t give a shit.
「どうでもいいわ」
どうでもいい時や何でもいい時に使います

You’re full of shit!
「ウソばっかり言いやがって!」
相手が全くのウソを言っている時に使います

アメリカのバラエティー番組や映画でよく聞くshitを紹介しました

もっとスラングを学びたい方は、日本人が習わない、雑談英会話がオススメです。